日々美々

ARTICLE PAGE

バランスケア・アソシエーション☆セミナー&ワークショップに行ってきました

今年の1月に行われた、youbyUのワークショップ
化粧水の手作り体験をさせて頂いたのですが、これがスゴク楽しかった

そして先日、2度目のワークショップが行われるとの事で、またまた行って参りました

sayomaru3-708.jpg

youbyUnesnoというブランドを展開していらっしゃる
Balance Care Association(バランスケア・アソシエーション)主催の
セミナーとワークショップ
前回は、いきなりワークショップに参加して、オリジナル化粧水作りだけの体験でしたが
今回は、バランスケア・アソシエーションの考えるスキンケアについてのセミナーにも参加

このブランドのコンセプトは、ちょっと独特で、確固たるこだわりがあるのが特徴です

「肌が本来もつチカラ・バリア機能を傷つけ無い為に、過剰なスキンケアをしない」
「肌のメカニズムに即したスキンケアを求めれば、過剰なケアはいらない」
最小限の正しいスキンケアで良いのだと言っています

化粧品は、それを売る目的を前提にコンセプトやアイテムが設定されていますが
このブランドは、それとは全く違うモノ

そんな考えに、とても共感できる私です


  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
          ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします
sayomaru3-710.jpg

バランスケアアソシエーション主宰であり、youbyUの開発者である茂田正和氏のお話は
こんな質問から始まりました

化粧水はたっぷり沁み込ませる事が大切
普段使っているスキンケアのPHを知らない
保湿の為にオイルが欠かせない
アンチエイジングやホワイト二ングなどの即効性のあるスキンケア製品を毎日使っている
洗顔料を使って、朝晩2回ともしっかりと洗顔する
肌の乾燥を感じたら、スキンケア製品をたっぷりつける

上記の事項に当てはまるものがいくつありますか?と
そしてこれら全てをNGと仰います 

肌の機能が弱まっている時は、スキンケアは必要だけど、健康な状態の時は過剰なスキンケアは必要ない
バリア機能がきちんと働いている肌には、寧ろ化粧水は浸透せず弾くのだそうです

人間に皮膚には一番外側に、角質層があります
この角質層を構成する角質細胞には、天然保湿因子といわれる尿素やアミノ酸要などの成分があり
たくさんの水分を抱きかかえることができます
また、角質細胞どうしの隙間を埋めてつなぐ細胞間脂質は、外から水分や異物が体内に
侵入するのを防ぐとともに、体内の水分が外に逃げないよう働く、バリア機能を担っています

だから角質層は、人間の身体にもともと備わった非常に性能の高い保湿膜だと言えます
更に、外界からの紫外線や乾燥といった人体に害を与える危険信号を表皮細胞に伝える役割もしていて
ターンオーバーの速度など、肌全体が健全な働きをするようにコントロールします
こうした優れた機能をもつ角質層は、いまだ人工ではつくることはできません

例えば、角質層の細胞間脂質を構成しているセラミドは全体の41%
どんなに優れたスキンケアでも0.1%程度しか配合する事が出来ないというのに!!!

スキンケアとは、この角質層をどのようにして健全な状態を保つか、という点に着目すべきなんです

過剰なスキンケアは、肌の正常な機能を低下させます
つまり、自分でやらなくても、スキンケアがやってくれているので、怠けてしまうという訳です

肌のバリア機能が正常に働き、きちんと皮脂が分泌されていれば
それだけでじゅうぶんな保湿力があり、特別なスキンケアをしなくても肌の潤いは保たれます
でも私たちは、メイクをします
メイクをし、それを落とす為にクレンジング&洗顔をします
それによって、肌にもともと備わる保湿成分も一緒に失われます

潤いを失い乾燥状態にさらされた肌は、自らのバリア機能を高めて乾燥から守ろうとし
今度は角質層を厚くする角質肥厚という現象を起こします

この素晴らしい人間本来の性質も、時にはマイナス点があるのです
角質肥厚は、角質細胞が灰色をしている為、くすみの原因となるのです
また毛穴がふさがれ、皮脂がたまり、増殖したアクネ菌によって、ニキビを引き起こす事もあります

つまりスキンケアは、洗顔やクレンジングによって無防備になった肌を保護し、肌自身の過剰な防衛機能を
コントロールする為に必要なのです


肌の正常な状態をキープするには、やり過ぎもやらなさ過ぎも駄目って事なんですね

このセミナーを聞いて、また1つスキンケアに対する考えが変わりました
何が正しいかって、なかなか答えが見つけられない人は、私だけじゃないと思いますが
今回のセミナーは、本当に大きなヒントを与えてくれました

そんなためになるお話しを聞いた後は、いよいよ楽しいワークショップです!

to be continue・・・
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment