日々美々

ARTICLE PAGE

24時間ミネラルを肌に届ける☆ベアミネラル・スキンケア

ミネラルファンデーションでお馴染みの、ベアミネラル
そのスキンケアが、3月16日に新発売されます
sayomaru3-591.jpg
 カナダのドラッグストアでも
 何度も目にした、このスキンケア

 海外では、クレンジング2種・洗顔フォーム
 モイスチャーライザー2種・クリーム
 アイトリートメント・アイクリーム
 ナイトセラムなどがありましたが
 日本でデビューするのはこの内の
 ミルククレンジング・洗顔フォーム
 モイスチャーライザ―3種
 ナイトジェル・ナイトセラムの7種類

 
 ナイトジェルという名の商品は、日本だけかな

海外では、ナイトトリートメントというアイテムがありますが、それとは全く別物

sayomaru3-592.jpg

ファンデーションからスキンケアまでの「24時間のミネラルケア」を目指し、全品にベアミネラル社独自のミネラル成分「アクティブソイルコンプレックス」を配合
さらに資生堂リサーチセンターの「肌の生命リズム」に関する知見を融合して新しいスキンケアを完成
ベアミネラル スキンケは、毎日の手入れを「洗う」「潤す」という基本のステップに、夜用の美容液で、肌を「休ませる」というコンセプトのケアを取り入れた


アクティブソイルコンプレックスとは、有機農業の専門家と共同で発見したミネラルバランスの良い土壌から採取した、カルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、亜鉛などを含むマクロとミクロのミネラルで構成されたミネラル成分の事
 
ところで、ベアミネラルって、日本では資生堂の傘下だったんですね
資生堂が傘下なら、日本人の肌にもちょっと安心して使えますね

そんなベアミネラルさんから、スキンケアのサンプルを頂きました

sayomaru3-580.jpg

ベアミネラル スキンケア 14日間トライアル
ハイドレーティングミルククレンザー
アクティブナイトジェル
ハイドレーティングモイスチャーライザ―

14日間サンプルって言うから、すっかり小さなボトルの入ってくるのかと思いきや
全部パウチだったわ

 

  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
          ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします
先程も書いた様に、ベアミネラルスキンケアは、洗う・休める・うるおすの簡単3ステップ
シンプルだけど、満足できるスキンケアです

sayomaru3-582.jpg ハイドレーティングミルククレンザー
  
 まずは洗うステップ
 ミルククレンザーですが、少量の水を加えて
 泡立てて使います
 キメ細かくクリーミーな泡が立ち
 さっぱり且つ滑らかな洗い上がり

 もっとしっとりな洗い上がりになるかと思っていましたが
 きちんとしっかり&さっぱりといった印象

 ダブル洗顔せずとも、メイクが綺麗に落ちますが
 ウォータープルーフは、ちょっと厳しそう
 ゆっくりとマッサージして、汚れを馴染ませる様に
 するのがコツですね
 

全成分 
水・BG・ミスチル酸・水酸化K・ラウリン酸・パルミチン酸・ジステアリン酸グリコール・ラウリルグリコール酢酸Na・ラウリルベタイン・ソイルミネラル・ボタンエキス・ステアリン酸・ココアンホ酢酸Na・グリセリン・コカミドDEA・ヒドロキシプロピルメチルセルロース・ココイルメチルタウリンNa・EDTA-2Na・ポリクオタニウム-39・ローズマリー油・PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル・セリン・安息香酸Na・オレンジ油・エタノール・フェノキシエタノール・メリロートエキス

こうやって、成分を見てみると、ソイルミネラルは配合されてはいるものの、特化すべき点は他にはありません
一般的な洗顔剤と変わりはないかな

sayomaru3-581.jpgアクティブナイトジェル

そして休めるステップ
新発想(?)の夜用美容液
夜のバスタイムの、洗顔後の肌がまだ塗れている状態で
使用します。そうする事で、みずみずしいハリと潤いのある肌へと
導いてくれます
睡眠中に回復するという生体のリズムが、肌の働きにも備わっている
ことに着目し、もっとも効果的な夜にミネラル成分配合の美容液を
使用するという発想

確かに水と混ざる事で、伸びが良くなり、保湿力も高まる感じが
しますが、スキンケアをバスルームに置いておく事が出来ないので
結局アウトバスになりますね
一度乾いてしまった肌を、もう1度濡らして使用
日本の住宅事情では、なかなか無理っぽい提案

で、乾いてしまうと、意外と保湿力が無くなってしまい、その上から、モイスチャーライザ―を使用します

全成分
水・グリセリン・BG・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリン・変性アルコール・ホホバ種子油・テトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチル・ソイルミネラル・トコフェロール・アセチルヒアルロン酸Na・キシリトール・エリスリトール・コーンスターチ・カンテン・ジイソステアリン酸グリセリン・フェノキシエタノール・カルボマー・サクシノグルカン・水酸化K・PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル・キサンタンガム・PEG-10ジメチコン・(アクリル酸/アクリル酸アルキル(C10-30)コポリマー・EDTA-3Na・酢酸トコフェロール・ステアリン酸スクロース・ラベンダー油・PCA-Na・リナロール・リモネン・オレンジ油

sayomaru3-583.jpg ハイドレーティングモイスチャーライザ―
 
 最後はうるおす
 乳液に似たテクスチャーの保湿液
 ノーマルスキン・ドライスキン・コンビネーションスキン
 と肌タイプ別に3種類
 ノーマルスキン用を頂いたのだけど、意外と重いですね
 朝は洗顔後、いきなりこれのみ
 オールインワンタイプの乳液なのかもしれませんが
 乳液先行タイプが元々好きではないので、乾いた肌の上に
 いきなりこれ。はちょっと苦手かも

 海外ブランドのコスメって、化粧水が無くて乳液or美容液のみ
 っての多いですよね
 でも日本人の肌には、化粧水って結構重要なので、あって欲しかった
 う~んその点、どうなの資生堂さん

そんな訳で、別のブランドの化粧水を付けてから、これ使用しています

全成分
水・BG・グリセリン・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリン・水添ポリデセン・エリスリトール・ホホバ種子油・変性アルコール・ステアリン酸グリセリル(SE)・ベヘニルアルコール・フェノキシエタノール・イソステアリン酸・ベヘン酸・AMPD・ステアリン酸・カルボマー・PEG/PPG-14/7ジメチルエーテル・エタノール・EDTA-2Na・酢酸トコフェロール・セリン・PCA-Na・ローズマリー油・オレンジ油・カンゾウ根エキス・トコフェロール・アセチルヒアルロン酸Na

成分を見ると、油剤や脂肪酸などが多くを占めていますね。だから重ためのテクスチャー何でしょうか
乳化剤ももちろん配合されていますが、乾いた肌には馴染みが悪そう

スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment