日々美々

ARTICLE PAGE

ブルガリ イル・チョコラートで☆贅沢バレンタイン

2月に入り、街はすっかりバレンタインモード一色
チョコレート大好き人間にとって、バレンタインというイベントそのものより
楽しくて、可愛くて、美味しいチョコレートたちと、あちこちで出会えるのが一番の楽しみ

そう、チョコレートのプレゼントなんて誰があげるもんですか
私が食べたいの。だから誰にもあげたくないの

大体、甘いモノは女性の為にあるのに、何故こんな習慣が流行ったんでしょうね
バレンタインは、女性が自分の為にチョコ買う日それで良いですよね

チョコレートの祭典もあちこちで行われ、有名ショコラティエの高価な商品を、お買い求めになった方も多い筈
私も、リーズナブルなモノだけど、数点購入しました

少しづつ、ゆっくり味わって、至福のチョコレートタイムを楽しんでいます

で、そんな私が味わったチョコレートの中でも、一際美しく、優雅で、気品があり、まるでジュエリーと言いたくなるような、チョコがあるのでご紹介します

sayomaru3-457.jpg

【バレンタイン限定】チョコレート・ジェムズ4個入スペシャルボックス

そうあの一流ブランド・ブルガリのチョコレート専門店
BVLGARI IL CIOCCOLATO(ブルガリ イル・チョコラート)
のチョコレート

ブルガリ イル・チョコラート
ブルガリが販売する正規のチョコレートのブランド
専属のマスターショコラティエの手によって、1つ1つ丁寧且つ繊細に作られた芸術的なチョコレートで、 その洗練された香りと風味が魅力
イタリアの高品質な食材を惜しみなく使用
など、拘り満載!

凄いでしょ
そんなチョコレートが食べられるなんて、夢みたいです
今回は、そのブルガリのモニターに参加し、こちらを購入させて頂きました


  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
          ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします

バレンタインの限定と言うだけあって、今しか買えないのは当然の事
そして、このパッケージをご覧ください
ショコラティエ 三浦直樹氏の出身地の宮城県で創られている、貴重な手漉き和紙を用いてるそうです

sayomaru3-458.jpg

なんて素敵なんでしょう
まるでジュエリーボックスを髣髴とさせる上品なデザインの小箱
食べ終わっても、絶対捨てられない

では、そのチョコ達をご紹介しましょう

sayomaru3-459.jpg

ブルガリのロゴと金箔のデコレーションが施された、丸いチョコ
ベリーとマスカルポーネのチョコレートです
2層になったピンクの部分が、ストロベリーとラズベリー
白い部分が、マスカルポーネチーズ
ビターチョコでコーティング

マスカルポーネの味はあまり強く感じませんが、ベリーの酸味が爽やかで
女性が好きそうな味です

sayomaru3-462.jpg

ナッツをちょこんと乗せた、四角いチョコ
ピスタチオとキャラメルのチョコレートです
やはり2層になったクリームは、ピスタチオのガナッシュと塩キャラメル
ビターチョコでコーティングし、ピスタチオのトッピングをプラス

塩キャメルの甘しょっぱい味が、ふんわりと口の中に広がります
4つの内で、一番パンチのある甘さかもしれません

sayomaru3-461.jpg

ブルガリのロゴがプリントされた、四角いチョコ
ヘーゼルナッツとトリュフチョコレートです
ヘーゼルナッツとホワイトトリュフのガナッシュをミルクチョコでコーティング

ヘーゼルナッツがとても芳ばしくて、ミルクチョコととても相性がいいと思いました

sayomaru3-460.jpg

四角いチョコに、紫色の小さなチョコと金箔のデコレーション
グラッパとエスプレッソのチョコレートです
アロマ豊かなグラッパとエスプレッソのビターチョコガナッシュを
更に、ビターチョコレートでコーティング

かなり濃厚でやや苦味のあるチョコで、大人の味がします
紫の部分は・・・ラベンダー味かな?
男性も好んで食べれる味だと思います

4つがそれぞれに個性的な味で、飽きることなく美味しく頂きました

sayomaru3-463.jpg

プレゼント用のラッピング袋も、ちゃんと同封されてます

チョコレート・ジェムズ4個入スペシャルボックス は、お値段4.500円
別途送料(クール便)が掛かります

年に一度の贅沢は、ブルガリ イル・チョコラートで決まり
来年もまた、食べられたらいいなあ~

ブルガリ イル・チョコラート購入ページはこちら

スポンサーサイト

3 Comments

チョコ好き  

Made in おばあちゃん

BVLGARIのチョコは美味しいですよね。
表参道でしか食べれないチョコもかなりオススメです。
『私はチョコと言えばBVLGARI』なくらいBVLGARIのチョコが好きで、年に30万円以上(最高でも一ヶ月で4万くらいです。)買ってます。全て対面販売なので、スタッフさんも顔を覚えてくれていて、イロイロと情報を教えてくれます。
今回の和紙は80代のおばあちゃんが一人で作っていて、後継ぎも居なくて、もしそのおばあちゃんがやめてしまったら、400年以上続く伝統の和紙の歴史が途絶えるそうです。
スタッフさん曰く、『よくローマが白のボックスに許可を出したなと思うくらい奇跡的』だそうです。
4個入りのボックスや同じBVLGARIのロゴが入ってるボックスはBVLGARI本社の認可(チョコに関しては三浦氏に一任。)が下りないと使えないそうで、
過去にケースの試作品をローマに持って行って却下された事も有って、
却下の理由は『ボックスはブランドカラーの黒以外認めない。』との事だったそうです。
ですが、今回はBVLGARIとしても、SaveTheChildrenチョコの売上の一部を震災の義援金にあてるなど、支援の方針を明らかにしていた上、三浦氏の故郷(家は流れたそうですが)の復興に手助けしたいとの事で特別に和紙採用の認可が下りたとのことです。
おそらく、今後黒以外のボックスは二度と作らないと思います。

2012/02/14 (Tue) 21:42 | EDIT | REPLY |   

sayomaru  

チョコ好きさん

初めまして。コメントありがとうございました

ブルガリのチョコに関しての面白い情報、ありがとうございました
凄いですね。さすがファンだけあってお詳しい!
白いボックスはもう作らないのですね
では、大切に残しておく事にします( ´艸`)ムププ

2012/02/15 (Wed) 20:56 | REPLY |   

チョコ好き  

詳しいのかは…

こんにちは。
詳しいかはわかりませんが、スタッフさんに『そこまで知ってたらスタッフになれますね(笑)』と言われた事が有ります。
でも好きなモノの事はよく知りたいじゃないですか?
私の場合はチョコ購入割合がBVLGARI70%、リッツカールトン20%、リーガロイヤルその他が10%くらいです。
BVLGARIに偏ってるので、今年はジャン・ポール・エヴァンとかも試そうかなと思ってます。

2012/02/20 (Mon) 12:35 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment