日々美々

ARTICLE PAGE

「朝ケア」のすすめ☆エクラフチュール‐W

スキンケアって、普通は一日の最後にやるものって思っている方が多いと思います
お化粧や一日の汗・汚れを落とし、リセットする為にも、お風呂上がりや寝る前のお手入れが
一般的

でも今回は、朝のお手入れにお薦めな美容液を、レビューブログからサンプルを頂き
使ってみました

sayomaru2-940.jpg

エクラフチュール-W 50ml 13.650円(税込)

エクラフチュール-Wは朝使用する事で、日中のダメージをためない健康な肌に導いてくれる美容液

就寝中に肌細胞は生まれ変わる。だからお手入れは夜が一番大事という一般的な考え方は、決して間違ってはいません
でも、肌は一日の中で日中が最も過酷な状況にさらされています
紫外線や冷暖房などで、乾燥・シミ・しわなどの原因となるダメージが蓄積されてしまう、そんな環境の中、私たちは日々過ごしています
だから、そんな悪条件にも負けない“守り”のケアを見直す事をエクラフチュール-W提案しています





  にほんブログ村 美容ブログ コスメへ
          ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします

人の肌は、表面と内側では、全く条件が違います
外気や紫外線などさまざまな刺激から肌を守ろうとする皮脂などの油で覆われた角層と、その下に、コラーゲンなどを含む水分の多き表皮と真皮があります
角層は油とかかわりやすいため親油性が高く、表皮及び真皮は水とかかわりやすいので親水性が高いという特徴があります
つまり、皮膚の一番上の角層は油分の高いモノでも広がるけれど、表皮や真皮には広がらないままになってしまう
それじゃあ折角の美容成分も意味が無い
そこで開発されたのが「ミセル化ナノ粒子(20nm~100nm)」
化粧品に含まれる美容成分を十分に肌に吸収させて効果的に働かせる為に、親水性と親油性のバランスを考えて生みだされたモノ

この技術によって、より高浸透にじっくりと美容成分を放出させることができ、更に長時間継続して肌へ働きかけ、持続的なブライトニングケアとエイジングケアが実現できるのです

実はこのミセル化ナノ粒子は、もともと医薬品開発に応用されている技術
そうエクラフチュール-Wは、医薬品研究から生まれた美容液なんです

sayomaru2-941.jpg

全成分
水・BG・グリセリン・オリゴペプチド-56アミドPEG-75メチルエーテル・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・ヒノキチオール・トコフェロール・ヒマワリ種子油・スギナエキス・ローズマリーエキス・セリン・グリシン・グルタミン酸・アラニン・リシン・アルギニン・トレオニン・プロリン・ポリアクリレート-13・ポリイソブテン・ポリソルベート20・ベタイン・PCA-Na・ソルビトール・メチルパラベン


約1ヶ月使ってみましたが、朝ケアを薦めるだけあって、テクスチャーは軽くベタ付かないので、上から日焼け止めやファンデーションを重ねても、全然ヨレないし重たさを感じないので良いですね
ファンデーションの下に付けるなら、出来るだけ油分の少ないものでいきたいから、これはちょうど良い

2.3プッシュを顔全体に、目の周りは更にもう1プッシュ
ちょっと保湿が足らないって最初は感じても、徐々にふっくらしてきて、乳液やクリームは必要なくなってきます
もちろん夜ケアにも使えるモノですが、テクスチャー的には、朝ケアがホントお薦め
そして当然、無着色・無香料・アルコールフリー。ってこの手の美容液ならもう常識でしょ

夜ケアと朝ケア。これからはダブルでケアする時代ですね

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment