日々美々

CATEGORY PAGE

category: ★アートな日々  1/3

☆「安藤忠雄-挑戦-」展と安藤建築ウォッチング

今週で終わってしまいますが、現在、国立新美術館で開催中の「安藤忠雄-挑戦-」展に行ってきましたもうあまりにも有名な建築家なので、説明する必要もないとは思いますが・・・独学で建築を学び,1969年安藤忠雄建築研究所を設立最初の作品,大阪,住吉の長屋をコンクリート打放しで1個の箱形住宅に改築した住吉の長屋 (1976) で日本建築学会賞を受賞 91年ニューヨーク近代美術館 MOMAで日本人初の個展が開催され代表作に六甲の集...

  •  0
  •  0

☆パークホテル東京・アーティストルーム、全室公開*アートフェスに行ってきました。その3

パークホテル東京のアーティストホテルをご紹介していますそれでは、最後の9室をご紹介(諸事情により2部屋取材できず)Room3101~3110Room3111~3120Room no.3121 「JOMON(縄文)」画家の香川大介氏が、2016年に手掛けた縄文をテーマにした客室精密に描かれた幾何学模様は、縄文的造形を基にしながら香川氏独自の文様パターンその圧倒的なパワーに目を見張るものがありますがやはり、土や自然と共に生きた縄文人のイメージに、...

  •  0
  •  0

☆パークホテル東京・アーティストルーム、全室公開*アートフェスに行ってきました。その2

東京・汐留のパークホテル東京「アーティストルーム」のご紹介です31階の31室全室の公開があり、なかなか無いチャンスだったので、観に行ってきましたRoom,3101~3110は、こちらでご紹介していますRoom no.3111 「Edo-Tokyo(江戸ー東京)」美術作家のふるかはひでたか氏が2016年に手掛けた、江戸&東京をテーマにした客室制作した2016年の東京の景色と重なるように描かれている、江戸の風景スカイツリー、東京タワー、日本橋...

  •  0
  •  0

☆パークホテル東京・アーティストルーム、全室公開*アートフェスに行ってきました。その1

東京・汐留にあるパークホテル東京が、面白い企画をやっているのを知り今年8月にそのお披露目をやっていたので、見学してきましたパークホテル東京が取り組んでいる企画とは・・・「日本の美意識が体感できる時空間」というコンセプトのもと、館内各所でアートを意識した空間づくりを進めていて31階の31ある部屋が、全てアーティストルームになのですアーティストルームとは、全室の壁や天井を31人のアーティストに開放し「...

  •  0
  •  0

☆NHK「ひよっこ」のミニチュアの世界にドップリ*田中達也「MINIATURE LIFE展」

NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックも担当したミニチュア写真家・田中達也氏その彼の代表作から新作まで、約100点もの選りすぐられた作品が集められた「MINIATURE LIFE展 田中達也 見立ての世界」現在、新宿高島屋の11階、特設会場にて開催されています残り2日となってしまいましたが、20日からは、大阪・大丸梅田でも開催が決まっているようです日用品とジオラマ用人形をモチーフにして、日常にある物を別の...

  •  0
  •  0

☆サンシャワー・東南アジアの現代美術展のご紹介 *六本木「森美術館」編

7月5日にスタートし、10月23日まで、六本木「国立新美術館」と「森美術館」の2館で、同時開催しているサンシャワー・東南アジアの現代美術展国立新美術館編に続き、今回は森美術館の作品をご紹介しますジャカルタ・ウェイステッド・アーティスト作『グラフィック・エクスチェンジ』経済成長が生み出した光と影に対する、アーティストたち想いが浮き彫りになった作品が多くありました発展とその影(Growth and Loss)リュウ...

  •  0
  •  0

☆サンシャワー・東南アジアの現代美術展のご紹介 *六本木「国立新美術館」編

7月5日にスタートし、10月23日まで、六本木「国立新美術館」と「森美術館」の2館で、同時開催しているサンシャワー・東南アジアの現代美術展に行ってきましたASEAN(東南アジア諸国連合)は、現在はインドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオスの東南アジア10カ国で構成されています10年以上にわたり高い経済成長を維持し、2015年に経済共同体となったASE...

  •  0
  •  0