☆ダイエットプラスラボ*正しく食べて痩せるダイエット。スタートから1ヵ月後の結果

6月中旬からスタートした、正しく食べて痩せるダイエット「ダイエットプラス」
1ヵ月が経ち、2回目のカウンセリングに行ってきました
自分の体がどう変化しているのか、興味津々

sayomaru21-89.jpg

ダイエットプラスラボ
中央区銀座1-13-8ハビウル銀座 7階
https://lab.dietplus.jp/

早速、体成分測定をして頂きます
家にある測定器は、下半身しか測定できない物で
身体全体を正しく計れていない為、ここでの数値がドキドキなんです

sayomaru21-90.jpg

で、結論から言うと・・・
体重が1.5kg 体脂肪が3%もダウンしていました
3%を具体的に言うと、1.8kg
体脂肪1.8㎏って・・・

sayomaru21-94a.jpg

これが1㎏分なので、約2個分が減ったと言う事
え~~~っ、こんなにあまり実感が無かったので、ちょっとビックリ

しかも、運動をしないダイエット始めると、殆どの人が減る筋肉量が減っていない
寧ろプラスになっていました
本当に運動らしきものは、殆どやっていなかったので、驚きです

やはり、主食・主菜・副菜を、如何にバランスよく食べるかが大きなポイントなんですね
自炊をメインにして、私なりに頑張ったつもりなので、この結果に大満足


3大栄養素の役目と目安摂取量

まず主食=エネルギーのもとととなる炭水化物
炭水化物ダイエットが流行っていますが、実は炭水化物も身体に大切な栄養成分
一般に言われている炭水化物の目安摂取量は、1日の摂取カロリーの50%~65%ですが
ダイエットプラスラボでは、他の食材に含まれている分も見越して45%が理想としています

主菜=筋肉や血液のもととなるタンパク質
タンパク質は、日々身体の中で代謝しています
その為、不足すると筋肉の減少に繋がり、代謝の低下などの様々な体調不良を起こしやすくなります
また、カロリー制限をすると、元々ある筋肉や内臓を形成するタンパク質までもエネルギー源として使われてしまいます
筋肉を維持して、リバウンドのしにくい体作りには、タンパク質の摂取は欠かせません
1日の摂取カロリーの20%程度が適量

副菜=様々な代謝や、身体の微調整に関係している、ビタミンやミネラル
脂肪を燃やすエネルギー代謝、肌や骨が新しい細胞と入れ替わる新陳代謝など
様々な代謝がスムーズに行われるのには、ビタミンやミネラルが必須
それらを野菜で摂る場合は、1食あたり120g程度を目安としましょう


主食・主菜・副菜の必要量を簡単に計る方法

パーセンテージやグラムで言われてもピンとこないと思います
その目安を簡単に知る方法を教えて頂きました

主食=炭水化物(ご飯)軽く握ったこぶし大程度
主菜=タンパク質(肉・魚・大豆製品)指を含まない片手のひら程度
副菜=ビタミン・ミネラル(野菜・海藻・キノコ類)生野菜なら両手に1杯
加熱しているものなら、片手山盛り

これってとても覚えやすくて、知っておくと便利


如何に効率よくタンパク質を摂るか

筋肉量の少ない私が、それを運動なしで増やすには、タンパク質を効率よく摂ることがテーマになっています
ただ肉を食べたら良い。だけじゃなく、肉の中にもタンパク質の少ないもの
カロリーの高いものがあるので、きちんと見分けなければなりません

sayomaru21-91.jpg

ダイエットプラスラボで手渡されたメンバーシップブックには
上の写真の様な、それをわかりやすく教えてくれるページがあります

表になっているのですが、上に向かってカロリーが高いもの
左に向かってタンパク質量が少ないもの
つまり、右下にあるものが、タンパク質量が多くカロリーが低い食材になります

これは便利

魚で言うと、かつおやまぐろ
肉で言うと、鶏のささみや胸肉、牛ヒレなどが挙げられます
ただし、魚で言えば、脂が乗る季節や産地によって変わってくるし
肉で言えば、部位によって変わってきます

こういう事って今まで、ただ漠然とは知っていましたが
きちんとわかると面白いですね。意識が高まります


そして、料理ベタな私も、料理のレパートリーが増えました
これが一番嬉しかったりするかも(笑)

sayomaru21-92.jpg

毎日送るメニューに対しての、管理栄養士さんからのアドバイスも楽しみです

sayomaru21-93.jpg

この日の献立は
鶏の胸肉のトマト棒々鶏風
ひじきの煮物
豆腐とわかめの味噌汁
玄米


これに対して栄養士さんのコメントが(一部抜粋)

野菜は生食にする事で、洗ったり火を通したりする事で壊れやすい栄養素が、そのままとれ
更に加熱するとカサが減るのでたくさんの量が食べられます
1食の中に、こんな風に生のものと加熱したものが入っているのはとても理想的です


との事
なるほど、生野菜ばかりだとたくさん食べなければならないけれど
火を通す事で量が増える。2つの良いとこ取りをして食べるといいのですね


また、ダイエットには不向きだと思っていた食材が、意外とOKだった事にも驚きがありました

例えば「ベーグル」
ベーグルはバターや卵を使っていないので、脂質が少ないのが特徴
1個で大体180kcal
そして噛み応えがあるので満足感が得られる
との事


他にも、果物で最もカロリーが高いと言われている「アボカド」に対しても
アボカドは確かに、森のバターと言われるだけあって、脂肪が主成分
ただコレステロール増加の心配はなく、ミネラル分の多い、栄養価の高い食材
体力回復や血圧低下改善、便秘改善などに良いのだそうです
ただその分の主食は少し減らした方がベター


アボカドは好きな食材だったので、これでダイエット中も食べられると喜んでいます

こんな風に色々な知識を学べることも、とてもありがたく
そして身体の変化もあって、一石二鳥なダイエット法

残り1ヵ月、どんな結果が待っているか、とても楽しみです

https://lab.dietplus.jp/


ダイエットプラスラボの体験モニターに参加しています



にほんブログ村美容ブログ コスメへ   
   ランキングに参加しています。今日もワンクリックお願いします